shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年01月21日

【大卒程度公務員】チューターKの合格体験記〜本腰を入れた2月〜


どうもみなさんおはこんばんにちは、チューターのKです。

突然ですが、大学生の皆さんはどのような学生生活を送っていますでしょうか
きっとこの記事を見ているような方は、ちゃんとした大学生活を送ってきたことと思います(笑)

私はどのような生活を送っていたかというと、一言で言えば普通に生活していました。

まず、大学一年生のころですが、大学の授業にはきちんと出席していましたが、比較的遊んでいた方だと思います。
また、部活動に所属していたので、部活動、アルバイト、授業、遊びで公務員試験の対策はほとんどやっていませんでした
唯一学内のちょっとした公務員対策講座で月に1回ぐらいテストを受けていたぐらいでした。
それもほとんど勉強せずにテストを受けていたため、ほとんど意味はなかったと思います(笑)
というように私は大学一年生のころから将来は公務員になりたいと思っていたものの、特別なことはせず、普通に過ごしていました。
ただ、負けず嫌いな性格もあってか、単位だけは絶対に落とさないようにしていました
もし今大学一年生や二年生の方でこの記事を見ている人がいるなら、単位は落とさないようにしておいた方がいいということを伝えたいですね(笑)

次に大学二年生のころも、一年生の時とあまり変わらない生活を送っていました。
つまり、何か特別なボランティアに参加したり、スタバでMacを開いて勉強したりはしていないということです(笑)

そして大学三年生前半は、まず東京アカデミーの講座を受講して、初めは授業を聞くだけでしたが、少しずつ勉強時間を増やしていきました。この時点で部活動もアルバイトも辞めていませんでしたが、一年生と二年生の時にほとんど単位を修得していたため、大学の授業はあまりありませんでした。
そこで勉強時間を確保できたことは、ある程度アドバンテージになったかなと思います
また、ボランティアやインターンシップにも一応参加していました。と言っても長期のものではなく、一日で終わるものしか参加していません(笑)

次に三年生後半にはより勉強時間を増やし、12月頃に部活動を引退し、2月頃にアルバイトを辞めて勉強に集中しました。その中で、勉強の他に、官庁自治体説明会には、全て参加するようにしていました。
志望度が高い官庁(私の場合は裁判所でした)だけではなく、それ以外の官庁自治体の説明会に参加して視野を広げておくことをお勧めします。

最後に大学四年生ですが、一応人生で一番勉強したかなと思います(大学は推薦入試だったので…)
目安としては1日10〜12時間といったところでしょうか。
また、私は裁判所事務官の志望度も高かったので、4月後半ぐらいから早めに面接対策を行っていました。
面接対策をいつから行うかは人それぞれですが、早めにやっておい損はないと思います
そして6月から本格的に一次試験や面接を受けていきました。
福岡に行くまででもそこそこ交通費がかかったので、お金は一応貯めておいた方がいいでしょう💴

こんな感じでざっくりとですが、大学4年間を過ごしていました。

しかし、何よりも東アカで勉強したこと(勉強するように仕向けられたこと)が大きかったと思います。

いよいよ、私が本腰を入れて勉強し始めた2月になります。

『勉強に本腰入れる』、『説明会に参加し情報収集をする』、『面接対策の準備をする』、私の場合、その全てを実現する環境が、東アカにありました。

今年受験をされる方、2月開講の講座もあるようですので、是非東アカで『本腰』を入れてみてはいかがでしょうか。


posted by 東京アカデミー北九州校 at 18:15| 1.大卒程度公務員試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大卒程度公務員】知らなきゃ損!!人物試験対策が重要なワケ〜万全な対策で最終合格できた!〜

みなさんこんにちは
公務員科の伊東です

さて、早速ですが”人物試験対策は重要です!”

以前からブログ内でもこのような言葉を時々書いていましたが、今日はなぜ人物試験対策が大切なのか、その理由を解説したいと思います。

現在、公務員試験では「人物重視」という傾向が主流となっています。
地方公務員試験では多くの自治体が一次試験の結果を二次試験に持ち越さない「リセット方式」という方式を採用しています。
一次試験の結果を二次試験に持ち越さないということは、一次試験をどんなに良い成績で合格したとしても、二次試験の結果に影響しないということです。例えば、一次試験に満点で合格したとしても、二次試験で得点できなければ合格することができないのです。

実際に2018年度に実施された試験の実施結果から、一次試験の合格倍率と二次試験の突破率を比べてみましょう。

福岡県(行政) 一次倍率5.6倍➡二次試験突破率1.3倍
北九州市(行政総合) 一次倍率6.2倍➡二次試験突破率1.5倍
福岡県警A男性(5月) 一次倍率1.1倍➡二次試験突破率3.1倍
福岡県警A女性(5月) 一次倍率1.1倍➡二次試験突破率2.7倍

これらを見てわかるように、一次試験を突破したからと言って、二次試験も決して油断してはいけないことがわかります。
特に、福岡県警の試験においては、一次試験の倍率よりも二次試験の突破率の方が高いという結果が出ています。特に警察官の試験ではこの傾向が強くなっています。
一方、一次から二次までの総合点で合否が決まる国家一般職試験においても、人物試験の配点は全体の2/9を占め、それは一次試験の基礎能力試験と同じになります。

また、人物試験が重要と言われる理由はもう一つあります。
それは、一次試験の合格発表から二次試験までの日数が非常に短いということです。

一次試験の合格発表から二次試験日までは、おおよそ2週間程度です。短いところでは1週間程度しかないといった自治体もあります。一次試験の合格発表が出てからの対策開始では、日数が短く十分な対策を行うことができないのです。
二次試験の直前になって対策を始めるのではなく、一次筆記試験の対策と並行して人物試験対策を進めることが重要となります。

このように、人物試験対策も一次筆記試験対策と同様に早期から時間をかけて、じっくりと対策しなければならないことがご理解いただけたかと思います。

東京アカデミーでは受講生が人物試験を突破できるよう、次のような人物試験対策を行っています。
@人前で話すことから始める”スピーチ特訓”
A話す力を養う”グループワーク”
B課題を発見”ES添削指導+面接シュミレーション”
これらを一次筆記試験の対策と並行して実施し、早期から人物試験へ向けた取り組みを開始しています!
これ以外にも様々な方法で受講生のみなさんの人物試験突破をサポートします!

「人物試験に自信がない」
「面接で何を話したらいいのかわからない」
「人前で話すことが苦手だ」

これらに心当たりの方は、ぜひ東京アカデミー北九州校へお越しください。
人物試験突破へ向けたポイントを伝授します!

まずは資料請求(こちらをクリック)または個別説明会にご参加ください!
お待ちしております!


東京アカデミー北九州校
TEL:093-541-1511
公務員担当:伊東
posted by 東京アカデミー北九州校 at 10:00| 1.大卒程度公務員試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

【教員採用試験対策】勉強時間を確保しましょ♪

みなさんこんにちは
東京アカデミー北九州校の小磯です

1月も中盤になりました
ということは、今年の教員採用試験まで半年になりますね。

まだまだ1月と思ったら・・・
あっという間に春が来て
梅雨になって
夏がきます

これから皆さんが一日5時間、毎日勉強を続けたら・・・
半年で900時間です
900時間といったら・・・37.5日
37.5日といったら・・・1か月と一週間

時間を表す単位って色々、とらえ方も色々。
こうして数字を小さくしていくと、意外と勉強できる時間は少ないようです。

皆さんが一日5時間、毎日勉強したとしても、勉強に費やせる時間は1か月と一週間です。

受験勉強に最低限度必要な要素は??・・・時間です。

日ごろから、『時間がなくて…』と悩んでいませんか?
確かに仕事や大学の勉強、私生活、部活やサークル、アルバイトなど、皆さん忙しいですよね。

ただ、時間は万人に同じだけ、一日24時間として与えられています。時間は新たに作ったり、産んだりすることができません。

なので、時間を探してみてください。

一週間単位で構いませんので、自分の生活パターンを見直してみてください。そこに必ず勉強する時間が見つかります。絶対です‼

一日10分でも、半年積み重ねたら30時間の学習になります。

時間を漠然としたイメージでとらえるのではなく、視覚化してフレームとして捉えて、そのフレームの中にやるべきことを埋めていくと、必ず勉強できる時間が見つかります。あなたの勉強できるフレームを見つけて、そこにやることを埋めて下さい

今日の私からのご提案です

そして、採用試験対策に悩んだときは、一度東アカを訪ねてきてください。

 『どうすれば採用試験に合格できるか?』

皆さんと一緒に考える時間を過ごしたいとおもいます





posted by 東京アカデミー北九州校 at 20:55| 3.教員採用試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第31回社会福祉士国家試験 解答速報および成績判定会のお知らせ

東京アカデミーでは、本試験翌日の24日(月)1700HP上で解答速報を公表いたします。

また、25日(火)〜212日(火)の期間で「成績判定会」を実施いたします。東京アカデミーのHPにアクセスしていただき、専用フォームにご自身の解答を入力するとその場で自己採点をしていただくことができます。


本試験終了後は東京アカデミーのHPwww.tokyo-ac.jp)をご確認ください!

皆さんのご検討をお祈り申し上げます。


posted by 東京アカデミー北九州校 at 20:50| 9.社会福祉士国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

【看護師国家試験】いよいよ試験まであと1ヵ月!!

みなさん

本日は、1月17日。

防災とボランティアの日(阪神淡路大震災にちなみ)、おむすびの日 など記念日はいろいろありますが

看護受験生にとっては2月17日の第108回看護師国家試験まで、ちょうど1か月前にあたる日です。

試験会場もまだ発表されていない(原則受験票で受験者本人に通知)状況で、ヤキモキしている受験生や関係者の方々が多いのではないでしょうか。

試験日までのカウントダウンが迫るにつれて、受験生からは「何をしたらよいのか分からない・・」という声が毎年届きます。
ただ焦りばかりが走ってしまって、勉強が手につかないという方へ、北九州校で実施する対策講座に沿って、「今何をやるべきか!」についてお話してみたいと思います。迷っている方は参考にしてみてください。

・予想問題演習ゼミ(1月中旬〜2月上旬)
D-北1(北九州校):1/19(土)、20(日)、26(土)
D-北2(北九州校):1/26(土)、27(日)、2/2(土)
D-宇1(宇部ときわ湖水ホール):1/26(土)、27(日)、2/2(土)
この講座では、東京アカデミーが総力を挙げて予想した「第108回はココが出る!!」という問題を、実際の試験時間そのままに予行演習を行っていただくトレーニング講座です。過去の出題例から今年のトレンドを予想し、「出題されやすい分野の生きた問題を解き、解説を受ける」ことによって無理・無駄のない効率の良い対策をたてることができます。
また、看護師国家試験は午前・午後各2時間40分のマラソン試験です。120問を160分で解答していくスピードや体力をこの講座で体感してください。
詳しい案内はこちらをご覧ください↓↓

実際のマラソン練習でもそうですが、今この時期が一番自分自身を追い込む(頑張る)時期で、試験(本番)前一週間ほどになると徐々に練習量を減らして体調を調整していきます。

みなさんの看護師になるという「夢」の実現はもう目の前です。「わが生涯に一片の悔いなし!!(byラオウ)」と試験後に友達と言い合えるように、今この時間を大切にしっかりと頑張っていきましょう!!
posted by 東京アカデミー北九州校 at 19:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする